FC2ブログ

里山日記

FoE Japan 里山再生プロジェクト・宇津木の森の活動日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈りと栗拾い!

2018年9月9日(日) 晴れ 参加者27人

インターン生の三輪です。
台風が来て不安定な天気が続いていましたが、9月の定例活動は無事晴天に恵まれました。
日差しの射す最高の活動日和でした。
180909_012.jpg

午前中は草刈りを行いました。参加してくださった方々で力を合わせ、歩けないくらい生い茂っていた草は2時間くらいできれいさっぱりなくなりました。鎌を扱うのも研ぐのも初めてで少しとまどいました。。。
180909_006.jpg 180909_004.jpg
180909_013.jpg

お昼を食べたあとは栗拾い。里山を歩きながら自然の恵みを感じ、たくさんの栗を拾うことができました。とった栗はみんなで仲良く分けました。普段なかなかできない体験でとても良い体験になりました。
180909_026.jpg 180909_001.jpg
180909_021.jpg

何事も初めての経験でしたが無事に活動を終えることができました。ありがとうございました。そして暑い中の作業、みなさん本当におつかれさまでした。
180909_007.jpg







スポンサーサイト

真夏の助っ人!

2018年8月12日(日)晴れ 参加者38人(うち子ども3人)

夏真っ盛り。
毎年この時期は、どんどん伸びていく草と草刈り隊の追いかけっこ。

今日は、RockCorpsのボランティアメンバーが18人も参加してくださって、大助かりでした。
膝くらいの高さまで草が伸びて歩けなくなっていたけやき広場が、たった20分ですっかりきれいになりました。
常連参加組は、栗・梅林方面の草刈りをがんばってくれました。
180812_005.jpg 180812_004.jpg

午後は、ぐるっと一周ツアーと竹箸づくりワークショップ。
30分であらかた仕上がって、やすりがけは宿題ということで。
180812_003.jpg 180812_007.jpg

今日のニュースはなんといっても「くまさん復活!」
足を痛めてお休みしていたくまさんが里山に復帰しました。
痛い痛いと言いながら、しっかり草刈りに参戦。周りはヒヤヒヤでした。
180812_002.jpg 180812_001.jpg

栗は、あとちょっと、ですかねぇ。
今年もたくさんとれそうです。
180812_006.jpg

汗だくになった後は、お待ちかねの暑気払い@ぎょうざや。
餃子から参加の人も加わって、よく食べてよく飲みました。

暑い中、みなさまおつかれさまでしたー。

シイタケのほだ木の本伏せ&汗だく草刈り

2018年7月8日(日) 定例活動 晴れ!/参加者 大人12人、子ども5人

180708_001.jpg
前日まで少し涼しかったのですが、一気に晴れました。
今回は、3月に菌打ちして仮伏せしておいたシイタケのほだ木を本伏せする作業を行いました。

まずは、立てかける土台になる木を伐採するところから。
針葉樹(サワラかな?)を伐採して杭を作って、土台をつくり、
仮伏せしておいたほだ木を運んで立てかけます。
180708_003.jpg 180708_002.jpg
180708_007.jpg

丸太を抱えて急斜面を何度も往復してもらいました。けっこうな重労働でしたね。ありがとうございました。

午後は、梅林エリアのさらに下の南斜面の草刈り。
しばらく刈っていなくて背丈ほどの草が生えてしまったところへ、果敢に挑んでくれました。
180708_006.jpg 180708_005.jpg

日差しが強いのと風がないので、今日は早めに切り上げて解散。
来月の定例活動は、8月12日(日)。終了後は、久しぶりに餃子屋さんで暑気払いでも。
180708_004.jpg


天気はバッチリ!さぁたけのこ採れるかな?

2018年4月8日(日) ぽかぽかの晴れ/参加62名(うち子ども17名)

4月の定例活動は、なんと言っても「たけのこ掘り!」
楽しみは午後にとっておいて、午前中は里山整備をしました。

まずは薪割り
薪割2
薪割1
お父さんや、大学生の若者が大活躍。
最初はぎこちない人も、一時間もやればすっかりさまになっていました。
本来薪割りは冬の仕事だそうですが、まだ薪用の木材が残っているそうで、春の暖かい日差しの中、皆さん良い汗を流していました。

前回に引き続き、道の整備も行いました。
道整備1
道整備2
笹が道側に広がっているのを刈って、搬出します。少しさぼると、あっという間に笹が広がるそうです。

お昼を食べた後は、宇津木の森をパパさんが案内してくれました。植物の紹介や、人間の手入れと里山の関係性について、分かりやすく教えてもらいました。
ぱぱさん1
ぱぱさん2
たんぽぽ
こちらはカントウタンポポ。山の中で見られることが多く、日本の在来種だそうです。みなさんが普段街で見かけるタンポポは、外来のセイヨウタンポポが多いそう。写真を見ると、カントウタンポポは花びらひとつひとつがパラパラと離れていて、普段見かけるセイヨウタンポポの花びらがギュっと集まっている様相とは少し違いますね。

その他にもワラビや梅など、いろんな植物が見れました
わらび
梅

さてさて、お待ちかねのたけのこ掘りです。
この日はまだ、タケノコが出始めくらいの時期で、地上に顔を出しているタケノコは少なく、土に埋まった状態のタケノコを発見しなければなりませんでした。それでも、大人も子どももタケノコ探しに夢中になって、足元に意識を集中して山をウロウロ探し回った結果、たくさんタケノコが見つかりました。
たけのこ1
たけのこ2
みなさんで、がんばった結果・・・
たけのこ3
ジャーン!こんなに。
きっとみなさん今晩はおいしいタケノコご飯をたべたことでしょう!

キノコの菌打ちと梅のお花見

2018年3月11日(日) ぽかぽかの晴れ/参加25名(うち子ども2名)

3月の定例活動は、毎年恒例のホダ木づくり。
春かと思うほどのぽかぽか陽気で、じっとしていても寒くなくて、ホダ木づくりの作業にはぴったりの天気でした。

冬に伐採したクヌギやコナラの丸太に、穴を開けて菌がついたコマを打ち込みます。
穴あけは、ドリルで開けると簡単ですが、トンカチの先に刃物が付いた道具で穴を開ける方法もあります。
180311_002.jpg 180311_001.jpg

開けた穴を残さずコマで埋めます。
180311_009.jpg 180311_012.jpg

菌を打ち込んだホダ木は数ヶ月、日陰で仮伏せにします。
井桁に組んで積んだ後、雑菌が入らないように周りをスギやサワラの葉っぱで覆います。
180311_007.jpg 180311_008.jpg

梅林は満開をちょっと過ぎたくらい。今年もたくさん梅がなりますように。
180311_010.jpg

午後は、シイタケ探しと、薪割り、丸太運び、バス停からの上がり口の補修。
数日前に雨が降ったおかげで、たくさん顔をだしていました。
180311_005.jpg 180311_011.jpg

薪割りは初心者でも少し練習すると上手に割れるようになります。
180311_003.jpg

バス停からの上がり口は、少しずつ崩れて道を侵食していた山側斜面の土を少し削って道幅を拡張、だいぶ歩きやすくなりました。
180311_004.jpg

福永さんが草刈鎌のカバーの試作品を作ってくれました。なかなか良い感じです。
180311_006.jpg

さてさて宇津木の森も着々と春に近づいています。来月はタケノコが採れるかも♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。