里山日記

FoE Japan 里山再生プロジェクト・宇津木の森の活動日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽかぽかの里山日和


2018年1月14日(日)晴れ/28名(うち子ども5名)

雲ひとつないすっきり青空な一日。
今回の作業は、落ち葉集めと丸太運び、新しい管理地の整備、梅の挿し木の植え替えなど。
180114_007.jpg
↑落ち葉集め女子たち、がんばる。

伐採した木は、森の中に放置しておくのはもったいないので、薪にしたり、炭材として確保します。
そのために、小屋まで丸太を運ぶ作業は、地味だけどすごく疲れます。でも、とっても大事な必要な作業です。
180114_010.jpg

今回の活動では、大きいもので直径40cmにもなる丸太を一輪車に載せて、小屋まで何往復も運んでもらいました。運んだ丸太を並べてみたら、大変な量に、、、。薪割りし放題です。
180114_009.jpg 180114_011.jpg
↑並べる前(左)と並べた後(右)

梅の苗木は、2年前に宇津木で採った枝を挿し木にして根がついたもの。
梅の挿し木は難しいと聞いていたのですが、試しに大久保さんにお願いしたら10本中1本だけ挿し木が成功!枝を採った同じ梅林の日当たりの良さそうなところへ植えました。大きく育ちますように。
 180114_001.jpg 180114_005.jpg

ベテランチームは、新しい管理地の開拓作業。つい最近までとても立ち入れない感じのヤブだったところが、すっきりして、私有地だったころの植生や道のあったところなどがわかるまでになりました。次の課題は梅などの木の剪定作業でしょうか。
180114_012.jpg 180114_003.jpg
180114_004.jpg 180114_002.jpg
↑ここがヤブだったとは想像つかない。お茶の木の生け垣に侵入している竹を伐ったり、梅を剪定したりして、元の姿に戻していきます。


次の定例活動は、2月11日です。
もしかしたら気の早い梅が咲いているかも。
180114_006.jpg

ご参加お待ちしています。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。