里山日記

FoE Japan 里山再生プロジェクト・宇津木の森の活動日記です。

技術講習会「刈払機の使い方」

宇津木の森ではこの季節、ツルを伸ばして木に巻きつく葛をはじめ、セイタカアワダチソウにオオブタクサ、アズマネザサといった草が生い茂ります。

散策路や木のまわり、民有地との境界、みんなが集まる場所を重点的にせっせと刈っていますが、それでも草の勢いに追いつかないほどです。そんなときに力を発揮してくれるのが「エンジン刈払機」です。

そこで今回、初心者でも刈払機を安全に使えるように、技術講習会「刈払機の使い方」を開催しました。講師はいつもの上野徳也先生です。

午前中の室内講義で、刈払機のしくみや操作の仕方、作業時の注意点、刃の種類と選び方など、基本をしっかり押さえたあと、午後はいよいよ実地講習です。

img_120804_2.jpg

右足前、腰を軸に右から左へ刃を動かします。
それに合わせて重心も右から左へ・・と上野先生が個別指導してくれました。

img_120804_3.jpg

セイタカアワダチソウが多く、草の嵩が高い場所。
こういうところは根元でなく、途中に2回3回に分けて刃を入れて、細かく刈るのがいいのだそう。


最初は足の位置を確かめながらのぎこちない動きでしたが、
みなさんすぐにコツをつかんで、テンポよく刈り進めていました。


img_120804_1.jpg

最後は、危険な事故の例「キックバック」を先生が実演。
刃の右側が切り株や固い草にあたると、右側へ大きくはじき飛ばされるというもの。

刃が回転したままで、機械ごとぐるっと一回転する勢いに悲鳴があがります。
一瞬のできごとで、本当にこわかったです。

刃の左上側で刈ること。まわりに人がいないようにすること。
作業中はヘルメット・ゴーグルなど防具を必ずつけること。
基本をしっかり守りましょう。

img_120804_4.jpg

最後は道具の点検・整備まで。
1日みっちり教えていただきました。

img_120804_5.jpg

やさしく指導してくださった上野先生、参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
ぜひ、習得した技術を忘れないうちに草刈りに来てください。期待しています!

(わ)

[2012年8月4日・受講者9名+3名]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utsuginomori.blog137.fc2.com/tb.php/76-3555440f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad