里山日記

FoE Japan 里山再生プロジェクト・宇津木の森の活動日記です。

早春の里山

天気予報で暖かくなると言っていました。いつも太陽の暖かい光がそそいでいる里山、でも今日は曇り空。動いていないと凍えてしまいそうな寒さでした。

午前中はヒラタケの菌打ち。木に穴を開ける道具-カナヅチの金属部分の片側がとがっていて側面に木の屑が出る穴が開いている-を使いました。私たちはその道具を一度打ち込み木槌で上からたたいてやっと穴を開けていますが、コツをつかむと一発で開くそうです。その穴に小指の第一関節位の菌種を入れて出来上がり。
IMGP5027_convert_20110220221631.jpg
IMGP5031_convert_20110220221816.jpg


平行して、落ち葉溜めをきれいにして竹粉砕機を待ちます。腐葉土を袋いっぱい持ち帰る人も。活動に参加するとお土産が手に入ることもあるんです!!
IMGP5032_convert_20110220221857.jpg


更に平行して、去年菌打ちしたなめこのホダ木をくぼ地の杉林に運び半分位まで土に埋めました。放置しすぎて乾燥してしまったけど、果たして生えてきてくれるのでしょうか?


午後は初めに杉の葉を取りに行きました。菌を打ったホダ木はその他の雑菌が付かない様に杉の葉を敷きつめた地面に置き、上にも杉の葉をかぶせておきます。
IMGP5035_convert_20110220221938.jpg


その後は、活動地を廻り、各地点の来年度の計画を聞きました。
IMGP5041_convert_20110220222023.jpg

それと平行して、薪割り大好きな人たちが薪割りもしていました。

活動地を一周して、道具をしまって集合写真を撮って、解散。でも、まだまだやり足りない人たちはチェーンソーを担いで木を倒しに行ってしまいましたとさ。
                                        レポート:ちどりん

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://utsuginomori.blog137.fc2.com/tb.php/8-945915a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad